ステップ4.「彼氏候補」→「彼氏」いよいよ最後のステップ、
「彼氏候補」から「彼氏」になるためのアプローチです。

「恋人候補」から「彼氏」にステップアップするために、
あなたがすべきことは簡単です。

ここまでくれば、
あとはあなたが正直な気持ちを相手に告白すればよいだけだからです。

最近、
告白せずになんとなく恋人関係になっているカップルも多いようですが、
あなたがこの先、
恋愛レベルを上げて、
お目当ての女性と付き合えるようになっていきたいのなら、
必ず告白はすべきです。

女性からしても、
告白のないまま付き合い始めると、
「まだ恋人になっていないのか」とか「私に対して本気じゃないのか」と不安になってしまいますよね。

それに、
告白することによって2人が「私たちは恋人同士である」という共通認識を持つことは、
あなたと女性との関係をより強固なものにしてくれます。

告白にクサいセリフは必要ありません。

「付き合ってください」の一言でもよいので、
きちんとした想いを相手の女性に伝えるようにしましょう。

私はあなたに、
オトコとしての人間的魅力を、
恋愛テクニックはもちろん、
ファッションから立ち居振る舞い、
そしてビジネスの部分まで全てにおいてレベルアップして欲しいと願っています。

あなたの人間的魅力を上げることが、
ひいては周りの女性の幸せ、
さらには社会全体の幸せにもつながっていきますからね。

ステップ2.「知り合い」→「友達」ステップ2は、
「知り合い」から「友達」へと進む段階です。

この段階で最も大切なことは、
「なんとなく気が合う」とか「なんとなく話が合う」と感じてもらうことです。

会っても危険のない男性だ、
と判断されると、

次に女性は、
お互いに楽しく感じたことや、
興味のあることを話したり、
その時感じていることを共感したいと思うようになります。

そして、
ここで話が盛り上がったり、
感情を共有することができると、
あなたはめでたく、
知り合いから友達へとレベルアップするのです。

とにかくこの段階では、
コミュニケーションを円滑に進めることが必要です。

そのためには、
自己中心的なコミュニケーションを行なうのではなく、
女性の立場に立ったコミュニケーションを心がけるとともに、
女性特有のコミュニケーション方法を理解し、
話を進めることが大切です。

ステップ3.「友達」→「彼氏候補」3番目のステップは「友達」から「彼氏候補」へのステップです。

実は一番難しいのが、
この「彼氏候補」へのステップです。

2人でメールしたり、
電話したり、
あるいは直接会ったりとコミュニケーションを重ねることによって、
「友達」から「彼氏候補」へのステップアップを目指します。

しかし、
この間にはかなりの数の落とし穴が潜んでいます。

その代表的なものが、
お目当ての女性との接触頻度、
コミュニケーション量です。

なぜならば、
元々の男女の違いなのですが、
「友達」段階の場合、
女性は男性よりも気持ちが盛り上がっていないことがほとんどだからです。

そのため、
男性が気持ちをストレートに表現して、
何度も食事に誘ったり、
1日に何通もメールを送ってしまうと、
相手に「そんなにせかさないで欲しい」と思われ、
評価を下げられてしまう場合が多いのです。

ということで、
男性のあなたであれば、
特に友達段階の初期の頃は、
意識的にお目当ての女性とのコミュニケーション量を敢えて減らすことをおすすめします。

男性はお目当ての女性と話が合うことがわかって、
「友達」段階になると、
一気に気持ちが盛り上がることが多いです。

場合によっては、
感情を抑えきれないほどになることもしばしば見られます。

また、
「彼女は僕のことをどう思っているのだろう」とか「ライバルに先を越されたらどうしよう」と、
不安が出てくるのもこの時期です。

この不安な気持ちと、
相手を振り向かせたい気持ちが爆発してしまうと、
女性7へのアプローチが度を越してしまうのです。

繰り返すようですが、
お目当ての女性と上手く「友達」段階になったとしても、
その女性はあなたのことを一人の男友達としか思っていない場合がほとんどです。

友達であれば、
友達なりのペースで付き合いたいのが女性です。

その気持ちを理解し、
女性のイメージするペースを守りながらアプローチすることを忘れないようにしましょう。

そしてある程度友達として連絡を取り合い、
コミュニケーションを重ねていくと女性の気持ちも徐々に盛り上がってきます。

人間は同じ人と何度もコミュニケーションをとると、
行為を抱くようになっているものです。

目安としてはおおよそ3回くらいのデートで、
「彼氏候補」になる可能性が上がってくると考えてよいでしょう。

ここまでくれば、
メールや電話の量も徐々に増やしていって大丈夫です。

すると自然と相手の女性からの連絡も入るようになり、
「彼氏候補」としての地位を確立することができるのです。

先ほども言いましたが、
それぞれの段階によって、
女性に対してとるアプローチは異なってきます。

なぜならば、
それぞれのステップごとに、
女性の気持ちも変わっていくからです。

あなたが「完全な他人」から「知り合い」になるためには、
あなたがまず、危険な人物ではないことを理解してもらう必要があるでしょう。

そして「知り合い」から「友達」になるためには同じように、
あなたが危険な人物ではないだけではなく、
気の合う存在だと認めてもらう必要があるのです。

そして「友達」から「彼氏候補」になるためには彼女から見て魅力的な人物になる必要があり、
「彼氏候補」から「彼氏」になるためにはあなたのことを好きになってもらう必要があります。

このようにそれでは、
各ステップごとにあなたがどのような点に注意しながらアプローチをしていけばよいかを、
見ていきましょう。

ステップ1.「他人」→「知り合い」初めは、
他人から知り合いのレベルに上がるための戦略です。

ここでは当然、
出会いを作ることから始める必要があります。

出会いの場で注意することは、
「ムリに仲良くなろうとせず、
知り合いになることをまずは目指す」ことです。

最初からこの娘がかわいいから彼女にしたい、
と思ってガツガツアプローチをかけても、
よっぽどのないことがない限り、
あなたは「危険な人物」と判断されて、
ジ・エンドです。

頑張っているのに、
なかなか恋人ができない、
という人は少なからずこのパターンに陥っている場合が多いので、
心当たりのある方はチェックしてみてください。

ということで、
知り合いになるために一番重要なことは、
あなたが「危険な人物ではない」と、
彼女に判断してもらうことです。

出会いの場でトントン拍子に話が進み、
2人で会う流れになっても決して焦らず、
帰る時間をあらかじめ女性に伝えるなどして、
安心感を与えてあげましょう。

また、
相手の電話番号をむやみやたらに聞かないこともポイントです。

女性の立場から考えれば、
「この男性は必要以上に近づいてくることはない」と一回判断すれば、
「この人は危険ではない」となり、
「この男性と話をしても大丈夫」とステップが進んでいくのです。

はじめにあなたは生まれたとき、誰かと知り合いでしたか?

はっきりいって、
ほとんどの人が両親以外とのつながりはなかったと思います。

今あなたの周りにいる友達も、
全員あなたが生まれ育つ中で知り合ったはずです。

そう、
あなたにとって今の友達は、
最初は見たことも、会ったこともない人たちでした。

そんな状況で出会って、知り合いになり、
何度か会話をしたり遊ぶ中で友達になっていったはずです。

同じように、
あなたの恋人になる女性も、
出会っていきなり付き合ってくれる人など、
99.9%いません。

全く知らない人から恋人になるまでには、
4段階のステップが存在します。

そのステップとは、
「他人」→「知り合い」→「友達」→「彼氏候補」→「彼氏」です。

あなたに今、
お目当ての女性がいるのであれば、
この4段階のステップを理解し、
それぞれの段階にあったアプローチをすることが必要です。

初めて出会った人に「好きです、
付き合ってください」というのは、
赤ちゃんに「来年の4月に、
大学に進学してください」と言っているようなものです。

大学に行くためには、
小学校、
中学校、
高校と段階を踏む必要があり、
いきなり大学生になんてなれないものです。

しかし、
逆に考えれば、あなたが大学進学を目指して、
しっかりと小学校、中学校…とコツコツ真面目に勉強してれば、
比較的簡単に大学に入ることができるのです。

これと同じように、
出会っていきなり告白しても成功率は限りなくゼロに近いですが、
知り合った段階ですべきこと、
友達になった段階ですべきことをきちんとこなしていったらどうでしょうか。

出会っていきなり告白するパターンよりも、
はるかに高い確率でお目当ての女性を彼女にすることができるはずです。